運営側のPayPal支払いを返金処理、キャンセル(取り消し)する方法

paypal返金方法 新着

元々約8年WordPressセミナーをしてきましたが、再来週から始める、33,000円でWordPress含めホームページ作成や運営、集客、プラグイン、画像編集、チラシや名刺作成諸々45時間〜90時間くらい、学べるWordPressセミナーのモニターを募集しています。
良かったらこちらのモニター募集ページも見てくださいね!

その決済方法として、PayPalも導入していますが、上記のモニターがお得なため、
WordPress復習セミナーをお申し込みいただいていた方にご案内したところ、復習セミナーをキャンセルし、モニター申し込みをいただきました。

そこで既にいただいていたPayPalでの支払いをキャンセル、返金処理をする必要があり、
メモとしてブログに掲載しておこうと思います。

PayPalにログイン後のトップページの「最近の取引(PayPal取引)」で該当の支払いをクリックします

 

Image from Gyazo

取引の詳細から「返金を実行」ををクリックします。

Image from Gyazo

確認画面で「返金を実行」ををクリックします。
※ 今回は、8888円の請求に対して、キャンセル料が320円かかっています。
キャンセル料は一律ではなく、金額に応じて異なります。 → PayPalの手数料返金ポリシー

Image from Gyazo

完了しました。

Image from Gyazo

ログイン後のトップページの「最近の取引(PayPal取引)」でも

キャンセルが確認できます。キャンセル手数料も一緒に記載されています。

Image from Gyazo

 

 

 

プロフィール

MIYUKI
こんにちは、ネットショップやWordPressなどをコンサルやセミナー講師等で教えています。このブログは最近雑多になってしまったため、備忘録として色々書いています。
■ はっちゃんセミナー
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました